貸切バスって運転手の他にもスタッフはいるの?

バスを借りる場合運転手を付けることができるか

会社や家族の法事などで多くの人数を乗せて1か所に移動する場面があります。この場合は別々に乗用車に乗っていくよりも、一台のマイクロバスなどを借り切った方が、便利に移動することができるだけでなく、途中で道に迷う人もいなくなります。さらに運転する人が一人に絞られますので運転者の負担を大幅に減らすことが可能です。
バスを借りる場合は、バスを専門的に扱っている業者に依頼するべきです。マイクロバスを借りる場合は、運転士をつけることは可能です。もちろん別料金になりますが、参加者の中でバスを運転することができない人ばかりであれば、運転のプロに頼んで運転をしてもらった方がよいでしょう。結果的に参加者の負担が大幅に減少します。

スタッフをつけることも可能

貸し切りバスを利用する場合は、運転手だけでなくスタッフをつけることも可能です。スタッフとして活躍するのは主にバスガイドなどでしょう。例えば社員旅行に行くのに、バスを盛り上げてほしい場合はバスガイドを利用することで、楽しい旅行に変えることができます。もちろん、すべての貸し切りバスを運営している会社でバスガイドをつけることができるわけではありません。貸し切りバスを運営している会社の中でも、サービスの良い所や料金がある程度高いところは、バスガイドをつけることが可能です。
バスガイドなどのスタッフを付ける場合は、通常の料金に加えて2万円から3万円ほどプラスをすることになります。予算もよく考えて利用しましょう。

 

© Copyright Bus Booking First. All Rights Reserved